一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

廃材とベニヤ板のベッドで作られたベッドで目が覚めた。

ここはマニラ、ビクータンの下町にあるベッドスペース。まだ探り探りの
下町生活も開始から1週間が経過した。治安はまったく問題ないレベル。
これは大通りから近いことなどが関係しているのかまだ分からないが、ここが
貧困層が住むスラムではなく、庶民の暮らす街だから平和なのかもしれない。

サントス爺さんは今日もセメントを壁に塗っている。『大勢でとっとと仕上げ
早く人に貸して収入を得る』という発想はないようだ。と自分のことを棚に
あげてみる。

ここ数日ここで寝てて感じたのは、

『固いベッドは寝心地が悪い!』

ってこと。当たり前と言えば当たり前なのですが、ルームメイトのベッドを
見ても特にマットらしきモノは見当たらず『彼らにとっては普通』らしい。

たぶん小さな頃から『板間に雑魚寝』で慣れているのだろうと思う。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、このブログを見た読者の中にはこれは『フィリピン最下層の生活』だと
思った人もいると思う。たしかに日本の暮らしから考えると月額約3100円の
ベッドス
ペースは激安で、快適とは言えない。

しかし、それでもなお、ビクータンという普通の下町でしかも大通りに近い事
もあって交通の便は良く『まだココより安いベッドスペースはある』かなって
思います。状況から考えてそれは間違っていないと思うのだけど、それを確信
させる経験があった。

大家さんのお手伝いさんの家に遊びに連れていってもらった時のことだ。

その話はまたのちほど・・・(つづく)



 

  • -
  • 08:44
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ルーズな人が多いから覚悟してる。
    KM
  • ブログ『家賃3100円、マニラ潜伏物語』を始めます。
    KM
  • 迷路のような薄暗い住宅街には多数の。
    hiro

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM