一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

フィリピンではだいたい英語が通じるのだけど幅広い人とコミュニケーション
を取ろうと思ったら第一言語であるタガログ語が出来るに越したことはありま
せん。ボクもボチボチと始めて少しずつ試行錯誤をしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今朝は朝からオンライン英会話(でタガログ語)を4コマ(合計70分)して、昼は
家庭教師のところに行って90分みっちりタガログ語を教わり、その足で食堂
に行って世間話(タガログ語で片言)、それからベッドスペース(BS)に向かった。

ランチを食べずに来たので10ペソのピーナッツを買ってBSのある路地を進む。

BSは珍しくドアが閉まっていたので『あれっ!?』って思ったけど、中には
いつものようにイメルダ婆ちゃんが座っていました。ボクは少しベッドに横に
なったのちタガログ語の勉強を始めることにしました。


ボクがベッドから起きると婆ちゃんが反応します。

「おはようございます。お元気ですか?」

それに対して婆ちゃんの返答は

「ワシは病気じゃよ」

・・・これは一流のジョークなのか、それともフィリピンでは病人に調子を
伺うような習慣がないのかは分からないまま話をつづける。

「そうでしたか。いまタガログ語を勉強しています」

(『いまから勉強を始めます』とはまだタガログ語で言えません)

『音読したら迷惑かな??』とは思いつつ、いつもボクが寝てても気にせず
話をしている人達なので(ボクは気にしない)そんなモノなのだろうと思い音読
スタート。

『ブツ・ブツ・ブツ・・・(小さめの声でフレーズを読んでます)』

ときどき婆ちゃんが反応して『復唱してくれます』そうなればこっちのもんで
興味があるならどんどん本のフレーズに関連づけて話しかけてやろう!と決意。

「"ハセ"は日本人ですか?」

とか、このBSに関連付けた文章に変えて少しずつ読んでいきます。

「"Mr.サントス"は親切な人です」

とか、婆ちゃん、少し白濁した目をニコッと微笑んでくれました。
『褒める』というのは地味だけど効果的なコミュニケーション法です☆

そんなことを20分ほどつづけ、喉が渇いたので外にジュースを買いに出る。
このあたりはペプシの小瓶が8ペソ(約20円)です。普通テイクアウトする時
にはビニール袋にジュースを入れてもらうのだけど、それだとずっと持って
ないといけないので『ビンは後で返しにきます!』って伝え、ビンのままBS
に戻ってくる。

『あんまり買い食いはしないでおこう』

とは思っているのだが(カネのない設定なので)たまにはOKかなと言い訳。


またしばらく勉強をしているとサントス爺さんが帰ってきました。ボクを見て
挨拶した後にすぐに姿を消した。

いつも迷惑なくらいガンガン話かけてくるのに今日は大人しいなぁ』って
思っていると、爺さんは再び現れた。

手に何か紙を持っているってボクが気がつくのとほぼ同時に質問が飛んできた。

「日本・・飛行機チケットはいくらですか?」

タガログ語と英語と日本語のチャンポン会話・・・。

(手にある紙切れは『日本語・英語・タガログ語』のテキストらしい)


・・・これはちょっとマズイぞ・・・。


・・・・その理由は・・・(つづく)


 

  • -
  • 11:42
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ルーズな人が多いから覚悟してる。
    KM
  • ブログ『家賃3100円、マニラ潜伏物語』を始めます。
    KM
  • 迷路のような薄暗い住宅街には多数の。
    hiro

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM