一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

さて、その日曜日の昼間は他のルームメイトもBSにいた。

名前はペドロ。温厚そうな青年だ。いまのところ10ペソの飲料水を買いに
いった話くらいしかしていない。そしてそのペドロはキッチンの流しで洗濯
をしていた。

キッチンといっても小さなシンクが1つにプラスチックの蛇口が取り付けられ
ているだけの簡単なものだ。その横にバケツを置いて洗濯物(推定でTシャツ7
枚分)を洗っていた。

ゴシゴシ・・・ゴシゴシ・・・ゴシゴシ・・・ゴシゴシ・・・ゴシゴシ・・・

ゴシゴシ・・・ゴシゴシ・・・ゴシゴシ・・・ゴシゴシ・・・ゴシゴシ・・・

フィリピン人の洗濯は時間がかかる。
それは彼に限ったことではなく多くのフィリピン人がそうだ。


1つ『手洗いをしている』というのが理由としてあるが、それだけではなく
『やたらと丁寧に洗う』のが一般的だ。日本人の推定3倍もの洗剤を使って
『泡×3』にして洗うのはフィリピン在住の日本人からすると不思議に写る。

こちらに住んでいる日本人の多くがフィリピン人のメイドを雇っているので
ボクのように下町に潜伏しなくれても遭遇するシーンだ。賃金が日本人と
比べ約1/10の人たちにとって『洗剤は決して安いものではない』と思うの
だが不思議とたくさんの洗剤を消費する。フィリピンの消費者はメーカーに
とって上顧客かなって思う。

彼の場合はそこまで『泡々』ではなかったが、それでも丁寧に洗っていた。


普通の日本人は『手洗い』をしたことがないと思うが、洗濯物が多くない時
は『手洗いの方が早い』・・ボクなどは大家さんのメイドさん達からこう呼
ばれたものだ。

『Flash!』

閃光のように速く洗濯を終えてしまうという意味だ。使う水の量や洗濯する
順番などをシステマチックにすると脱水も含めて15分くらいで済んでしまう。
もっともボクの場合は脱水機だけ使うのだが。

メイドさん達の洗濯時間が長い最大の要因は『洗剤を使いすぎること』だと
ボクは思う。それは同時に『濯ぎに時間がかかる』ことにもつながる。

ボクの洗濯が早い1因は『濯ぎを9割に抑えている』ということもあったり
するのだが、衣類に少しくらい洗剤が残っていても良いと思うのはボクだけ
ではないと思いたい。

衛生的に生活する為にはむしろあまり溜め込まず早めに洗う方がいいだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて洗濯話で脱線してしまった。

そんなペドロも洗濯をもうすぐ終える。ボクの感心も『次の事』に移っていた。
それは『どこに干すんだろう??』ってこと。


この部屋には窓がない。ベッドスペースは狭い。・・・たぶん他に『干す場所』
があるのだろうとは推測していたが、確信はなかった。

ペドロに聞いてみた。

すると「そこの階段を上がった所に干す場所がある」というので、見てみよう
と思った。むしろ『見ておくべき』だと思った。タイミングよくBSに
入ってきたサントス爺さんに「階段を上がってみてきていい?」って聞いてみ
ると『もちろん!』という仕草を見せてくれたので、おそるおそる階段を登っ
てみた。ハリボテで作られたような細い階段だが、木で作られた手すりがある
のがいい。

その先に見えた光景はボクをワクワクさせるものだった・・・(つづく)



 

  • -
  • 19:44
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ルーズな人が多いから覚悟してる。
    KM
  • ブログ『家賃3100円、マニラ潜伏物語』を始めます。
    KM
  • 迷路のような薄暗い住宅街には多数の。
    hiro

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM