一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ブログ『家賃3100円、マニラ潜伏物語』を始めます。


これは38才日本人が、マニラの下町『家賃:月額1300ペソ(約3100円)』の
ベッドスペース(共同部屋)で、フィリピン人の庶民に紛れて暮らす『潜伏生活』を
綴るドキュメンタリー的なブログです。


はじめましてボクはHASE。フィリピン歴がだいたい1年。マニラで小さな
シェアハウスMAを運営しています。MAはセキュリティーの高いビレッジ(団地)に
あり、エアコンや家電などに囲まれ『日本人(らしい生活水準)として暮らしてます』



それが2014年1月に突如としてマニラの下町での生活を始めるワケです。

ボクは困窮しているワケではありませんし、犯罪を犯しての潜伏でもありません。


では『なぜマニラの下町で暮らすのか??』


それは『フィリピンの事をもっと知りたいから』・・・そして日本人として
安全で快適なところで生活していては、大多数の庶民の『暮らし』や『価値観』を
理解するのが難しいと考えたからです。

それと下町で暮らす上で1つ決めたことがあります。

それは『フィリピン(と日本のハーフ)を演じて暮らす』

ということです。

詳しいことはおいおいお話していきますが、このフィリピンは『ホスピタリティの
高い国』という風に言われることもありますが、必ずしもそうでないことが、生活
をしてくると段々とわかってきます。

むしろ『日本人だということで不快な思いをすること』が多々あります。
(もちろん得をすることもありますが、ここではそれにはふれません)


【例1】・・・『日本人(外国人)だからと2倍以上の値段をふっかけられる』
【例2】・・・『お金持ちだと思われ、食事やお土産(パサルーボン)をねだられる』
【例3】・・・『おごらないと(お金持ちのくせに払わないから)ケチと言われる』
【例4】・・・『日本人だということで仲良くなろうとしてくる(本性を隠される)』

などです。


そこで日本人としてではなく『ハーフであり、お金がない』という事で接すると
どういう反応をして、どんな付き合いができるのかを身をもって体験しようと思っ
ています。

たぶん・・・『たかる人は激減すると思います』
たぶん・・・『女の子にモテなくなります』
たぶん・・・『おカネとは関係なしの交友関係ができます』


でも、やってみないと分かりません・・・なんでやってみますね。
でも、安易に始めてしまうと『思わぬ落とし穴』がありそうです。
そこで『どんなリスクがあるのか??』を考え『ルールと設定』を決めました。

その話はまた後日・・・・(つづく)

  • -
  • 23:45
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
ダバオに長期滞在したいと思っていますので、非常に参考になります。ベッドスペースという選択肢もあるんですね。ずっとホテルに滞在してたら金かかりますからね。
  • KM
  • 2014/02/17 00:18





   

PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ルーズな人が多いから覚悟してる。
    KM
  • ブログ『家賃3100円、マニラ潜伏物語』を始めます。
    KM
  • 迷路のような薄暗い住宅街には多数の。
    hiro

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM