一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

その日は3度目のお泊りでした。マニラ下町のベッドスペースを借りて始めた
二重生活とはいえ頻繁に泊りにくるほど暇でもなかったりする。本拠地である
シェアハウスMAでは少ないながらもゲストが滞在してくれててボクも朝食を
作ったりしている。

今は日本から助っ人に来てくれてる子がいるので朝食を頼むこともできる。
これで安心して『外泊』ができるというものだ。いちおうゲストにはボクが
外泊することを伝えておこう。

滞在中のゲストN君は「楽しんで来てください!」と笑みを浮か
べて見送ってくれたが・・・・ボクはそっち方面はいきません(^_^;)


フィリピンは『男の夜遊び』としても有名で、ボクはつい先日誘われて
『社会勉強』という定番の言い訳をしつつ『Go Go Bar(ゴーゴーバー)』
に行ったのでした。※ちなみにN君も知ってて『楽しんで!』と言ってます。

(その時の話は機会があればしますが、ボクはやっぱり夜遊びは苦手です)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてベッドスペースに到着すると、いつものようにイメルダ婆ちゃんが座って
いて、他のルームメイトは各自のベッドに引きこもっているようでした。共有
スペースが少ないというのはコミュニケーションを取る上では障害になるって
あらためて思います。

しばらくボクもベッドで読書とかしていると奥の部屋に住んでいる魚屋のぺぺ
が帰宅。スグに気がついたので挨拶をしてみる。仕事帰りで疲れている様子を
みせつつもぺぺはボクの方に近づいて話をはじめてくれる。

「仕事から帰ったばかりだから服が臭いかも??」

いつも彼はそれを気にしている。フィリピン人はけっこう臭いに敏感だったり
もするので気持ちが分からなくもないのだけど、仕事なんだしスグにシャワー
を浴びればいいんじゃないかな??って思った。

そしてベッドに寝ているボクに向かって。

「そのエアマットいいね!」
「ボクのベッドは固くって疲れが取れないよ」


ボクも最初は固いベッドで腰に負担がかかっていたから1200円位で仕方なく
調達してきたエアベッドがコレ。そしてちょっとビニールが軋む音が嫌で
別のチープなマットに替えようかな??って思っているところ。

「イトコが貸してくれたんだ!」

最初から読んでくれている読者は分かると思うが、基本的にちょっとお金が
かかってそうなモノに関しては『買った』とは言わずに『イトコから借りた』
ということにしている。

「へー。そうなんだぁ」とぺぺ。エアマットとはいえはみ出した部分は除いて
タオル地のシーツで隠してある。『けっこう見ているもんだなぁ』と思いつつ
今後もバレないように注意しなきゃねって気持ちを新たにした。


『夜は長い』そして『寝るにはまだ早い』そんなワケで周囲を
散策しようと考えたボクは『宿泊する時に隠れて聞く為のウォークマン』を
バッグの破れた内側の生地の隅に隠しベッドスペースを後にした。


前回とかわらず賑わっている明るい路地。特に強い目線も感じることもなく、
荷物も特にもってないから危険は感じない。ときどき手ににぎりしめた小銭
をジャラジャラさせながら『これで今から夕食でも食べるのだろう』という
雰囲気をさせてみたりする。

話しさえしなければ『風景に溶け込めているはず』
・・・・そう思うのです。

そんな確信はないもののほどほどの自信を持ちつつ歩いていると、路地の
横で15名前後の人集りを見つけて近寄ってみる。そこには6色に色分け
された手のひらサイズのサイコロが3つ・・・この話はまた次回(つづく)


 

  • -
  • 21:36
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ルーズな人が多いから覚悟してる。
    KM
  • ブログ『家賃3100円、マニラ潜伏物語』を始めます。
    KM
  • 迷路のような薄暗い住宅街には多数の。
    hiro

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM