一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

カレンダリアで食事を済ませたボクはいよいよベッドスペース探しを始めた。

大通りから脇道が2本。その先は縦横無尽に路地が広がっている。あまり奥に
行くと不便だろうし安全面で考えても通りに近い方がいいだろう。歩きながら
『ROOM 4(forの意味) RENXT』やら『BEDSPACER (MALE)』の看板を探す。

この国では地方から出稼ぎにきた人は親戚の家に転がり込むか、ベッドスペース
を探して住むことが多いようだ。もちろん部屋を借りるより安いからだ。

フィリピンの賃金は日本の約1/10。1日500円以下で働いている人も大勢いる。
(地方の賃金は首都マニラより低い)

テナントは『男女別』なのが普通で、仮に部屋を貸した場合でも家族と共同の
トイレとかは多い。もちろん下町だから。マカティーなどの都会では完全に
独立したワンルームとかの方が多いだろう。

しばらく歩いてみたが『看板はあるけど大家さんが不在』というケースも多く、
初日は不発でした。そして翌日。借りることになるベッドスペースと出会う。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大通りから徒歩1分の距離に『ベッドスペーサーの看板』があったので、近く
いた青年に案内してもらい廊下の奥に向かう。廊下は屋内でありながら砂地で
『まだ工事中では??』と間違えるほど。

薄暗いその廊下を3メートル進むと目が白く濁った老婆がドアの前に座ってい
る。門番をしているのか暇だから座っているだけなのかは分からない。

「Magandang Hapon po(こんにちは)」と挨拶をすると老婆はユックリと
立ち上がってドアの奥へと案内してくれる。(さきほどの青年はどうやらこの
ドミトリーの住人らしい)

部屋には廃材で組まれた4ベッド(2×2)と小さなベッドには5才くらいの女の子
がお昼寝をしていました。ベッドはゲストハウスで見られるようなものではなく、
イメージとしては押入れに近いと思います。ベッドにはシーツはもとよりマットも
ありませんが、考えようによっては汚いマットがあるより『木のベッドだけ』の
方が清潔な気がします。シャワー室はもちろんボロいですが使うつもりはないので
値段だけ聞いてココに決めました(部屋のスペックは後日あらためて紹介します)


値段は1300ペソ・・・日本円にして約3100円です。

これはもちろん1泊ではなく月額です。しかも電気代や水道代も込みです。
(もっとも電気といってもライトと携帯の充電や扇風機くらいなものですが)

その他に敷金・礼金みたいなものがそれぞれ1ヶ月分いるみたいです。


次はこのテナントのスペックについてお話したいと思います・・(つづく)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • -
  • 12:42
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ルーズな人が多いから覚悟してる。
    KM
  • ブログ『家賃3100円、マニラ潜伏物語』を始めます。
    KM
  • 迷路のような薄暗い住宅街には多数の。
    hiro

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM