一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

大家さんとの契約をいたってシンプル。

いちおうIDは確認されたもののコピーはしないし、外国人だからといって
ボラれる感じもなく普通に歓迎してくれました。

たぶん・・・『これなら犯罪者でも潜伏可能』ですね。


おカネを支払い領収書を書いてもらう。カギは後日みたい。


日本人などが住むコンドミニアムと違い『1年契約でない』って所が便利
です。いっぱんてきにこの国は『大家さんに有利』にできていて外国人が
借りてだと『大家さんが吹っかけてくることも多い』

下町は観光客もこないので、基本的にそういうフィリピン人が少ないよう
な印象を受けています。このイメージが今後どう変わっていくかも楽しみ
ですけどね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてこのベッドスペースのスペックをご紹介しますね。

■部屋

広さは推定20平方メートル。壁はコンクリートが半分剥がれていますが、
床はタイル貼りで、まぁまぁ清潔な感じ。もちろんエアコンはなし、冷蔵庫
なしで、小さな洗面台が1つあります。

廃材で作られたベッドが4つ。ちょうど2段ベッドを横に2つ繋げた感じに
なっています。ベッドの前にはカーテンが付けられています。部屋にはもう
1つ小さなベッドがありボクが最初に訪れた時には5才くらいの女の子が
寝ていました。この部屋以外にあと2部屋くらいあって家族がそこに住んで
いるものと思います。


■トイレ&シャワー

(小便くらいにしか使わないので気にしませんが) 薄暗く、水をタボで組んで
流す『フィリピンスタイル』です。シャワーというには難があるのはホース
が高い位置に設置されているだけでシャワーヘッドがないからです。

見た目はイマイチですが、良いところといえば『思ったより臭くない』こと
ですかね。ボクの知る限りフィリピン人の家のトイレは臭いことも多いです。


■ベッド

各ベッドには針金がカーテンレールのように張られていて洗濯物が干したり
できそうです。ボクの場合はベッドの奥にTシャツとトランクス。手前の方に
タオルとバスタオルをかけて目隠しに使うことにしました。

ボクの上のベッドを見ると着替えが置いてある他、小さな炊飯器がありその
住民が自炊していることが伺えます・・・『どんな人なんだろう??』

いまのところルームメイトであったことがあるのは初日に会った青年のみ。


■立地

大通りから徒歩1分。大通りに出ると1分でコンビニや市場があります。
バス停やジプニー乗り場も近くにあるので、徒歩2分といったところ。
更に徒歩3、4分でSMモール(大きなショッピングモール)があります。

ちなみにこのバス停からマカティーのアヤラ駅まで15分(高速道路を使う)
ですから、マカティまで20分で行けますよ。ただし渋滞があったら帰り
は大変でしょうけどね。


■住人

大家さんは老夫婦。むかし軍隊にいてその後ビルのメンテナンスなどを
してたらしい『サントス爺さん』。奥さんはかの有名な元大統領夫人と
同じ名前の『イメルダ婆さん』。むすこさんは高校生の先生をしている
らしく、推定30才で独身のジェリーさん。あと5才くらいの女の子。

その他にルームメイトが今のところ青年が1人。これからどんなキャラ
が現れるのか楽しみです。


当面は昼間におとずれて『昼寝』したいと思います。
MA(シェアハウス)にもすうぐインターンの子が来てくれるので落ちつい
たらもう少し時間を伸ばしたいと思います・・・(つづく)

  • -
  • 13:44
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ルーズな人が多いから覚悟してる。
    KM
  • ブログ『家賃3100円、マニラ潜伏物語』を始めます。
    KM
  • 迷路のような薄暗い住宅街には多数の。
    hiro

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM