一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

『気持ちいい朝だ☆』

今朝はゲストのチェックアウトが午前7時でした。自転車でビレッジ内の
パン屋さんに向かい『焼きたてのパン・デ・サル』をゲット。このパンは
フィリピンを代表する朝食用の丸いパンでシンプルで旨い。

ゲストを見送り、ゲストがゼロになったので朝からベッドスペース(以下 BS)
に行くことにした。まだ短時間とはいえ住処なのだから『帰ることにした
とも言える。

日曜は渋滞もなくジプニーは5分ほどでBSのあるビクータンに到着する。

『おっとその前に食堂によっていこう』

・・・そう書いておきながら『最初から食堂によるつもりでいたりする


「カカーインカ!(食べますか?ってな意味)」

とジュリーのいつもの笑顔。

もう1人の女の子も言ってくれているんだけど、登場人物がやたら増えると
混乱するので雑魚キャラは省略(笑) パンデサルを食べたからそんなにお腹は
空いていない。世間話をしにココに来てるんだから『コーヒー(インスタント
の甘いやつ)』を注文する。

フィリピンでは
甘くない飲み物がほとんどない』のが悩ましい。


ふと見ると『ポークアドボ(フィリピン料理)』がテカテカと光って旨そう。
コーヒーを飲み終えたので食べることにしたが、そのアドボの皿に野菜の
姿はない。ここらのフィリピン人は『オカズ1品にご飯』という組み合わせ
で食べることが多い。バランスの良いオカズならいいのだが『肉のみ』と
いうケースも多い。

やはりフィリピンでは
野菜がなかなか食べられない』のが悩ましい・・。


食事をしつつも知っているタガログ語を組みあせての会話をする。
「料理は誰が作ったの?」とか「コレは何という食べ物ですか?」とか。


オバちゃんの店員さんが来たので
「マガンダン・ウマガーガ(直訳:キレイな朝)」
挨拶をしたら、後半がうまく伝わらず・・・。

オバちゃんはボクに「ありがとう!」って笑顔でかえし。

他の店員さんに向かって「まぁ キレイだって!」・・この手の誤解は言語
習得過程ではよくある話・・・・残念ですが『誤解』です。特に否定するの
もなんなのでコップの水を飲んでごまかす。

さて、そろそろ言ってきます。

「今からどこいくの?」と聞かれたけど、何と答えようか考えつつごまかす。
言葉が通じない分だけは『理解できてても出来てないフリができるのが便利

3年くらいしたら『そのワザをビジネスの交渉やらで使ってみたいなぁ』って
思いながら食堂を後にしました・・・(つづく)

 

今日のベッドスペース(BS)は前回に行った時とだいたい同じ様子でした。
砂利道の廊下。ベニヤ板と廃材で作られたドア。そして門番のようにイメルダ
婆さんが座ってました。中ではサントス爺さんが何やら作業の準備をしてました。

挨拶もそこそこにボクは自分のベッドに横になりました。
持っていったのは『Tシャツ1枚』と『使い捨ての歯ブラシ1本』くらい。

基本的にココでは使いませんけど、ある方が生活感でるでしょ??

1段目のベッドで2段目の床を見上げながら『次は何を持ってこようかな??』
って考えてました。いちおう案としては『安い十字架のネックレス』あと、母親
がフィリピーナって事にしてあるので、その写真なんか飾るとソレっぽいかな。

でないと、いつまでも『日本人というイメージ』を持たれてしまうので、何とか
『早いとこ設定したキャラのイメージ』に変えていってもらいたいのです。

ボクも普通の日本人ですから『嘘をつくことに慣れてないです』・・少なからず
抵抗があります。仮にそれが『人に迷惑のかからないもの』であったとしても。


ここの人たちは『いい人たち』という印象を持っています。

外国人であるボクを好意的に受け入れてくれています。サントス爺さんの息子で
あるジェリーさんには「『おはよう』って日本語で何ていうの??」とか、家の
前でアレコレと聞かれました。

『あまり日本人がいるって知られたくないのだが・・・』

とは思いましたが、日本に関心を持ってくれているのは嬉しいことです。今の
日本を作ってくれた昔の人達に『ちょっと感謝』ですね。


その後は(今朝は早起きしたこともあって)少し眠ることにしました。

スグには寝付けませんからベッドで横になりながら家族の会話を聞いてました。

まだ何を言っているのか95%以上わかりません。

「*&%*(#&(@(# 彼の(#&(@(#。私は(#&(@(# 家が(#&(@(# そうだね 」

・・・・こんな感じ。『人称代名詞』とか極限られた単語のみ・・。

たぶんボクのような『変わった人』には興味深い『何のへんてつもない日常
会話
』を繰り広げていることでしょう・・・・しばし就寝・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


小1時間ほど過ぎたでしょうか。窓のない部屋には蛍光灯の明かりがついた
まま。サントス爺さんは作業員らしき男性と一緒にセメントを運んだりして
います。どうやら奥のスペースを『新たな部屋にするみたい』です。

たしかボクが最初に来た時は『工事途中で放置』な感じでしたよ。

勝手な想像ですが
『家賃収入が入ったので工事を再開したのかも??』


フィリピンでは『家が建設途中で放置』といったのをよく見ます。

多くのフィリピン人は『お金がなく無計画』ですから無理もあり
ませんが、逆に考えれば『お金が入れば再開する』というのが最初
から計画なのかもしれません。

そんなフィリピンは嫌いじゃないです。

ただしボクの周りには『デキる人』でしかも『いい人』を集めたいものです。

話は脱線しますが、この前に電動ポンプの修理に来てくれたプラマーさん。
ホースを付け直したりして『修理完了しました!』というので、ポンプをON
にすると、勢いよく水が吹き出してきました。

​プロでもちゃんと作動するかチェックをしない

・・・残念ながら、この国ではよくあることです。


(話はもどって)BS。ジェリーさんが帰ってきました。この人もボクと同じで

『30代で独身』・・・親近感がわく(笑)

・・・・もっとも、それを差し引いても好感度が高い人です。


今日は『日本語・タガログ語・英語』で書かれたテキストのコピーをくれま
した。「僕も勉強してたんだけど日本語は難しいね」って。確かに日本語は
難しいです。こんな難解な言語を習得しなければいけない日本人はある意味
で大変なのかもしれない。

でも考えてみれば
『難解な言語を学ばなければいけない国ほど
                発展している』

ような気もしないでもない。

幼少時代から『脳に負荷をかけた方が伸びる』と思うからです。


真意のほどは定かではありませんが、タガログ語は『まぁまぁ簡単』だと
思います。アルファベットは9割が英語と同じですし・・・・。


『フィリピンの発展ですか?』

・・・・これからです・・・たぶん・・・・。

(つづく)

 

初日より長めの昼寝を終えたボクは『いちどSMビクータン(モール)』に
行くことにする。シェアハウスMAに欲しいものをチェックしたいから。
それと友達になった歯医者さんに会いにいく為に・・・

(友人も見るこのブログにプライベートをドンドンと書いてしまってる。
だんだんと交友関係が明らかにされてしまうのも考えものだなぁ・・)


さて用事を終えてBSに戻るが、その前に再び食堂に立ち寄る。

メリンダとかそんな名前のオレンジ色の砂糖水を注文して、女の子たちと
世間話をはじめる。わずか10ペソ(27円くらい)・・・・ゴーゴーバーとかに
興味がないワケではないがおカネにギラギラした娘らと飲んで騒いだりする
よりボクにとっては普通の人と『何の色気もない話』をしている方が楽しい。

ボクはジェリーさんさんにもらった『タガログ語と日本語の教材コピー』
を取り出して読みはじめると、ジュリー(※)がさっそく食いついた。

※食堂の女の子はジュリーで、BSの30代独身男性がジェリーさん・・・
・・紛らわしいので今後はジェリーさんを『ジェ先生』と呼ぶことにする。

「それ何??見せて見せて!」

・・・もう1人の子と一緒に書いてある日本語を使ってみる。
もちろん発音は滅茶苦茶なのだが、それを見ながら『自分のタガログ語も
こんな感じなんだろうなぁ
』って思った・・・そんなもんだよね。

2人から「これ何ていうの?」とか質問攻めにあいつつ、ボクもタガログ語
を逆に聞いたりして『Language Exchage状態』でした。

治安が悪いエリアではないんだけど、あんまり日本人として目立ちたくない
からいくたびに『こんにちは』とか『ありがとう』とか日本語で呼ばれるの
はできればしないで欲しいな。

そしていつものように手をふって食堂を後にする。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

食堂からBSに戻る約2分の距離で興味深いものを発見した。

『マーガリンの塗られたココナッツ』

そして、高さ2メートルほどの所に吊るされた『沢山のお菓子
周りには地元の子供たちが大勢あつまっている。

オジさんがマイクで何やら言っているが、新年のイベントであろうことは容易
に想像できた。『でもこのココナッツどうするんだろう??


しばらく様子を見ていると、大人がそのココナッツを抱えて歩き出した。大通
りに近い所にそれを置くと、いよいよゲームが始まるようだ。

「ヨーイドン!(推測)」

そういった合図があって、子供たちが一斉に走りだした。下はヨチヨチ歩きの
子から上は小学校低学年くらいまで、一目散にココナッツを目指す。

いちばん背の高い男の子が最初に辿り着き、ココナッツを抱えた瞬間。それは
ツルッと滑って男の子の腕の中から姿を消した。更に別の男の子がそれを奪い
に行くがなかなか誰も掴めない。やっと掴んだ子も5メートルほど走ったあと
で落として他の子に奪われる。ちょっと危険なゲームだけど良く考えられてい
る。マーガリンが塗られている理由に妙に納得して、誰が勝ったのかとか見ず
その場を後にしました。

BSに戻ると、入口から入ってスグにある『砂地の廊下』で男性がセメントを
練っていました。たぶん奥の部屋をつくるためにしてるんだろうと思うけど、
おかげで中に入れず・・・まぁ仕方ない・・・今日は帰ろう・・・(つづく)

 

今日は午前にオンライン英会話の授業を受けていた。英会話といいつつも
ボクが教わっているのはタガログ語。それを英語で教わるから微妙だけど

一石二鳥な感じがする』・・とはいえ英語は学習をやめると
だんだん力が落ちる『初級から中級レベル』だ。読者の中には『海外に
長く住んでいたら誰でも話せるようになる
』といったイメージを持ってい
る人も多いかもしれないけど、そんなことはない。

長年フィリピンにいる人でも『タガログ語が少し分かる程度』という人は
多い。なまじっか『英語が通じる』から必要性があまり感じられない。と
いうのもあるだろう。

ボクの場合はMAという日本人向けシェアハウスをしているので、ゲストは
95%日本人。友達も半分は日本人なので『意識して使わないとタガログ語
はもとより英語を使う機会も少ない
』・・・でも使えるようになりたい。

ボクは『フィリピンを拠点にしてビジネスやらをしていくつもり』で、

『言葉は文化』と言われるように、フィリピンの事を深く知るために
は英語だけでは難しいと思っています。


そして少しずつ『タガログ語を習得する為の環境』を作っているワケです。


その1つがオンライン英会話。主にタガログ語の文法を教わってます。先生
はフリートークの方が楽だと思いますが、頑張ってもらってます。そして、
実践は街中でデキるのがフィリピンです。

屋台のオバちゃんや、食堂の女の子、フィリピン人ってフレンドリーな人も
多いですし、そして『店の規模の割に従業員の数が多く暇してる』って人が
多いから、覚えたフレーズを使う場所には困りません。

最近は大家さんがお手伝いさん2人組を雇ったので、2人が来ている時には
洗濯している所に行って話をします。特に片方は凄く話し好き。そして少し
相手の都合を考えない図々しさもあるのですが、相手から声をかけてくれま
ます。そういう知り合いを増やしていけばタガログ語会話も上達しやすく
なるはずです。

実際にタガログ語を話せる日本人は『飲み屋で彼女を作って覚えた』という
ケースが多いみたいですが、ボクはその手ことが苦手なのでボクなりの方法
論をさぐっているワケです。

その1つがベッドスペースなんですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて午後からベッドスペース(BS)に向かった。

窓のないBSは薄暗く昼間でも蛍光灯の明かりがついている。いつものように
イメルダ婆さんが座っています。ボクはMAから持ってきた画鋲とフックで
自分のベッドを使いやすく改造します。

そしてお昼寝・・・。マット無しで寝るのも長時間なら『床ずれ』するかも
しれません。まだ今は3時間くらいなのでいいのですが、また夜に泊まった
り(本来はそれが住居ですよね)しようと思ってますから、マット代わりなる
ものを探しておこうと思いました。

起きるとサントス爺さんは男性と一緒にセメントを壁に塗っていました。
婆さんが「ワシの息子じゃ」って言うので、つたないタガログ語で聞いてみ
てわかったのは、子供が3人(娘1人、息子が2人)・・・どうやらジェ先生
は爺さんの子供ではなく友達らしい。

フィリピン人は大家族であることも多いが、近所や親戚づきあいも多かった
りする。あまり多いと覚えるのが大変だから、新キャラは少しずつ登場して
もらいたいものだ。

弟さんの方は『半分なくなった前歯』を気にすることもなく笑顔で接して
くれました。体格はいかついけどこの人も感じが良さそう。ニックネームは
BOY。

『女じゃないよ。BOYだよ!』

というのはフィリピンジョークなのでしょうか。

たぶん『ジョーク ラン!(冗談だよ〜!)』ってフィリピン人の必須フレーズ
のように思います。ボクはジョークも、そのリアクションも苦手な、典型的な
日本人です。その軽いノリも習得していきたいものだ・・・(つづく)

 


PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ルーズな人が多いから覚悟してる。
    KM
  • ブログ『家賃3100円、マニラ潜伏物語』を始めます。
    KM
  • 迷路のような薄暗い住宅街には多数の。
    hiro

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM